【DIY】引っ掛け棚を100均で手作りしてみた!ランドリー・キッチンに最適

100均で材料を買って、かんたんな引っ掛け棚を手作りしてみました。

棚の引っ掛け吊り下げラック、見た目はイマイチですが、なかなか活用できるものに仕上がりました。

引っ掛け棚を100均で手作りDIY

洗濯機の上に棚があるのですが、そこに吊り下げられるラックを、100均で材料を揃えDIYしました。

  • 吸盤(4個)
  • プラスチックチェーン(4本)
  • アルミの穴あきパネル(1枚)

吸盤・チェーンなどを購入して、組み合わせるだけの簡単な引っ掛け棚…

これをDIYと呼べるのかは疑問ですが、気軽に作るには、費用も安くいいのでは。

正規品と比べ強度は劣りますが、洗剤を置くには申し分ありません。

吸盤でくっつけるので、どこにでも引っ掛けることができて機能的です。

見た目より機能性が大切ですよね、、

多少の不格好は目をつぶって、簡単なものであれば、アイデアで乗り切ってみましょう!

ここで記事を終わるのも何なので、私が引っ掛け棚を100均で手作りDIYする前に、失敗した体験談もお伝えします。

棚に引っ掛けるタイプの吊り下げランドリーラック

よく使う洗剤などは、手が届いて近い場所に置いておきたい。

そこで、ネット検索してランドリーラックを探してみたのが始まりでした。

ランドリーラックが欲しい

以前から、洗濯機の上にある棚の位置が高く、洗剤の出しいれに不便さを感じていました。

「何かいいものないかな」ってことで、さっそくネット検索!

でも、出てくるのは結構大きめなものばかりで、イメージ的にはこんな感じ↓

わが家の洗濯機の上には、もともとの吊り棚があるので、そんなものを設置するスペースはありません。

ネットで見つけたランドリーラックが機能的

ポチポチと調べているうちに、吊り棚に引っ掛けて使用するタイプのラックを発見!

洗濯機まわりのサイズを測り、取り付けできそうだったので、ためらわずに即購入。

さっそく吊り棚に取りつけました。

ガッチリしていて重いものを乗せてもグラグラせず、いい感じです。

ランドリーラックで棚が閉まらない

納得の仕上がりに満足、棚の扉を閉めて作業終了!

とは、なりませんでした…

スキマができて、扉がきれいに閉まりません↓

よくよく見ると、ラックの吊り部分が棚の奥に当たっていました。

赤く囲った部分が浮いています↓

たしかに設計ぎりぎりの長さでしたけど、寸法は測りまちがえていませんよ。

こんなところに落とし穴

採寸は合っていたけど、なんと測定位置がまずかった。

本来であれば、棚の底板上面を測定しなくてはいけませんが、私が測定したのは下面でした。

底板の上面(28.5cm)
底板の下面(30cm)

棚の奥板があるため、上面では長さが短くなってしまいます。

すこし慎重に考えていれば分かったかもしれませんが、過ぎたことを悔やんでも仕方ありません。

ですが、ただ失敗したばかりでは終われません!

このランドリーラックを、違う場所の棚に引っ掛けてみたら、すっごくマッチしました。

キッチンの吊り棚に引っ掛けてみた

一瞬返品することが頭をよぎりましたが、私のミスなので、このランドリーラックは違う場所で有効利用することに。

キッチンによく合うランドリーラック

キッチンの吊り棚のサイズを測ってみたら、なんとぴったりサイズ↓

わが家のキッチンラックになるために、開発されたのではないかと思いたくなるくらいピッタリです。

さっそく食材入れを置いてみました。

なんだが殺風景さっぷうけいですね…

物足りないので植物も置いてみることに↓

植物の力、、スゴっ!

なんだか賑やかになって、見栄えが良くなった気がします!

購入したランドリーラックの寸法

念のため、今回ネットで買ったランドリーラックの寸法を記入しておきます↓

横幅は56.5~89.5cmで調整できる優れもの!

重さは2kg、乗せられるものは10kgまで、良質な日本製です。

今回キッチンで使うことになりましたが、サイズさえ合えばどこでも使える引っ掛け棚です。

棚の下の空間を有効利用したい人におすすめ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!