【WP失敗例】内部サーバーエラー、再インストールでブログ初期化

カスタマイズでHTTP500内部サーバーエラーとなりブログが表示されない、WordPressの再インストールでブログが初期化された。

今回は、テーマをDIVERに変更する前に、カスタマイズする上で私のやらかした失敗を事例に、その解決方法を紹介します。

WPでHTTP500 内部サーバーエラー

Word Pressでfunctions.phpを変更することにより、HTTP500 内部サーバーエラーとなることがあります。

functions.phpの変更失敗

functions.phpは、自分で機能をカスタマイズしたい時に編集するファイルです。ブログや管理画面の表示に使われる重要なものです。

場所は 外観テーマの編集 の中にあります。

スタイルシート (style.css)
テーマのための関数 (functions.php)

正しい関数、コードを入力すれば、編集することは全然問題ありません。しかし少しでも間違えて、全角スペースや実行できないコードを入力したら大変なことになります。

ここでは解説のために敢えて間違えてみます。

ファイルを更新 を押した瞬間に、下の画像に切り替わります。

これが出たら、ブログページや管理画面に一切アクセスできなくなります。

HTTP500のエラー説明だと、「Webサイトのサーバーに問題があってWebページができない」となっています。

私は初め、レンタルサーバーのメンテナンスが始まってアクセスできなくなったのかな?くらいに安易に考えていたのですが、いつまでたっても復旧しませんでした。

HTTP500 内部サーバーエラーの解決策

レンタルサーバー(ここではロリポップで説明)のユーザー専用ページにアクセスしてください。

サーバーの管理・設定ロリポップ!FTP へ進めてください。

該当のブログフォルダを選択し、themes へ進めます。

その中に「functions.php」ファイルがあります。

「functions.php」ファイルを開いたら、該当するエラー箇所を修正もしくは消去してください。あとは 保存する を選択すれば解決します。

分からないならfunctions.phpは触らないことです。どうしても関数を編集したいのであれば、その前にバックアップを取ることをオススメします。

WP再インストールでブログ初期化

私の場合、レンタルサーバーにWord Pressをインストールし保存していますが、それを再インストールしてブログが初期化されてしまいました。

Word Pressの再インストール

Word Pressを再インストールしたときの経緯をお話しします。すべてはレンタルサーバー(ロリポップ)に登録した、独自ドメインを変更したことにはじまります。

軽い気持ちで、独自ドメインを新規に取得し変更しました。

きちんと反映されたか確認のため、アドレスバーに新ドメインを直接入力しました。

しかし表示されたページのアドレスは、何度繰り返しても勝手に変更以前の、旧ドメインのアドレスに切り替わってしまいます。

頭を悩ませましたが、『WordPressも新しくインストールしたらいいんだ』という思いに至りました。とくにバックアップも取らず、再インストールを実行。

その結果、ブログのトップページにアクセスし、表示された画面がこれです。

テーマもプラグインもすべて消え、画面も初期のものが表示されていました。当然記事も消滅しています。今までの苦労が水の泡になり、3分くらい頭がフリーズしました。

ブログ初期化の解決策

データを取り戻す方法を紹介します。

  1. レンタルサーバーのバックアップより復元する
  2. wp-config.phpファイルを修正する

レンタルサーバーにバックアップがあるならば、1番目の方法で復元できます。バックアップがなければ、2番目の方法でデータが復元する可能性が残されています。

レンタルサーバー(ここではロリポップで説明)のユーザー専用ページにアクセスしてください。

サーバーの管理・設定データベース に進み 操作する を選択してください。

データベースを選択
操作するを選択

続いてデータベースの phpMyAdminを開く を選択してださい。

表示されたphpMyAdminページの ユーザー名パスワードサーバーの選択 をデータベース青枠を参考に入力し実行を選択してください。

データベース
phpMyAdminページ

表示されたページの左上にデータベース名がありますので「+」を選択してください。

その中のwp1_postswp2_postsを選択し、どちらかに自分が投稿した記事などのデータが表示されていれば復元可能です。

復元可能であれば次に進みましょう。レンタルサーバー(ロリポップ)のユーザー専用ページにアクセスしてください。

サーバーの管理・設定ロリポップ!FTP へ進めます。

名前がwp-config.phpのファイルを探し、選択してください。

ファイルの編集画面に切り替わりますので、まず現在の属性が600であることを確認してください。

もし600以外であれば数字を入力後 保存する を選択し、属性を変更してください。

文中のWordPress データベーステーブルの接頭辞 $table_prefix = 'wp1_' とありますので、先ほど確認したphpMyAdminページのデータがあった方の番号を wp の後に入力し保存します。

これで復元が完了します。

私はこれを機会にロリポップのバックアップオプション(有料)を申し込むこととしました。オプションなしでも、1回10,000円で復元してくれるみたいですが。

 

私がこのサイトを始めたころの失敗事例を紹介させていただきました。

わけも分からず、phpファイルなどを変更することはおススメできません。もし変更する場合は、事前にバックアップを取っておいてください。

外出先でもパソコンを自分だけのネット環境に繋げられる、縛りなしWiFiというお得なアイテムも紹介しているので、合わせてご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!