レオマワールドの遊び方

大人から小さな子供まで、あらゆる年代や性別問わず、ゆっくり遊べるのがレオマワールドの魅力です。

このページでは、レオマワールドを子連れで楽しむための遊び方を紹介します。

事前に知っておけば役に立つ情報をお伝えしますので、ぜひ最後までご覧ください。

このページでは、子連れで楽しむレオマワールドのアトラクションの遊び方を紹介します。

子連れ家族に人気のNEWレオマワールドとは

NEWレオマワールドは香川県丸亀市にあり、1991年に開業して以来、みんなに愛されるテーマパークとして今なお人気です。

いろんな遊び方がありますが、大きくわけると次の3つの施設があります。

  • アトラクションやパレードを楽しめる、レオマワールド。
  • 夏に解放される屋外プール、レオマウォーターランド。
  • 温泉や屋内温水プール、グルメを満喫する、ホテルレオマの森。

毎年11月から2月末頃までの冬季は、イルミネーションにも力を入れています。

営業時間と定休日

レオマワールドの開園時間は基本10:00ですが、営業時間は時期によって違い、イベント時期は閉園時間も遅くなります。

連休中やイベント時期に行くなら必然的にパーク内も混みあうので、ある程度の覚悟は必要です。

定休日はなく年中無休で営業しています。

>>公式サイト(営業時間)

レオマワールドの入場料金

レオマワールドを利用するための料金は、どう遊ぶかによって、こまかく料金設定が違います。

チケットにレイト〇〇とついているチケットは、15:00以降の入場料金です。

大人料金は中学生以上、子供料金は3歳から小学生までです。

パーク入園のみでいい
大人 子供
入園券 1,700円 1,200円
アトラクションで1日中遊びたい
大人 子供
フリーパス 4,000円 3,500円
レイトフリーパス 3,500円 3,000円
アトラクションとオリエンタルトリップにも行きたい
大人 子供
ワイドフリーパス 4,500円 4,000円
ワイドレイトフリーパス 4,000円 3,500円

そのほかにも、乗り物+プールのセット料金や、乗り物+プール+オリエンタルトリップのセット料金もあります。

参考チケット代の割引方法

車と電車でレオマワールドへアクセスする方法

車で行くなら、カーナビがないと少しわかりにくいです。

 

瀬戸大橋方面からは坂出IC、しまなみ海道方面からは善通寺IC、明石海峡大橋方面からは府中湖スマートICで降ります。

徳島県からは美馬IC、愛媛県・高知県からは善通寺ICで降りましょう。

無料の駐車場が4,100台、入園ゲートすぐ横の有料駐車場は1日1,000円で350台分あります。

カーナビでの検索は、つぎの住所か電話番号を入力すれば正確な場所が表示されます。

住所 香川県丸亀市綾歌町栗熊西40-1
電話番号 0877-86-1071

JR琴平駅からは無料のシャトルバスがあります。

電車に乗って自力で行くなら、ことでん琴平線で岡田駅まで向かい、そこから琴参バスの島田・岡田線でレオマワールドまで行けます。

>>公式サイト(シャトルバス)

総合案内所でベビーカーをレンタルできる

レオマでベビーカーレンタル

赤ちゃんを連れて遊びたいなら、総合案内所でベビーカーをレンタルできます。

ベビーカーのレンタル料金は1,000円で、500円は保証料としてベビーカー返却時に返金されるので、実質500円でレンタルできます。

貸し出しは、ウェルカムゲートを過ぎた場所の総合案内所です。

レオマワールドのベビーカーレンタル場所

また授乳室には、ミルク用のお湯が備え付けられているので子連れにも優しい施設ですね。

レオマワールドのアトラクションの遊び方

子連れでレオマワールドのアトラクションを楽しむための遊び方を紹介します。

アトラクションの待ち時間をなくす方法

混み合っている時期のアトラクションの待ち時間は、平均30分くらいです。

イベント関係なくアトラクションを満喫したいのであれば、夏休み以外の平日に行きましょう。

ほぼ待ち時間なく楽しめます。

こんな感じです。

少し寂しいくらいですが、アトラクションで遊びたい放題で、レオマワールドを満喫したい人にはとてもおすすめです。

子連れで遊べるアトラクションの場所

ウェルカムプラザを左に曲がればアトラクションエリアで、ちいさな子供から大人まで、遊べるアトラクションがいっぱいあります。

そのなかで子連れで遊ぶなら、まずはこのエリアがおすすめです。

レオマの子供向けアトラクションマップ

このエリアには、次に紹介する列車の乗り物やごっこタウンなどがあります。

キンダーガーデンレイルロードに乗って子供エリアを1周

まずは、キンダーガーデンレイルロードに乗ってみましょう。

機関車でこのエリアを1周するあいだに、車掌さんが周辺アトラクションの案内をしてくれます。

電車好きのお子さんにはたまりません。

イルミネーションのときには、また違った楽しみ方もできますよ。

ごっこタウンで好きな職業になりきる

体験コーナーごっこタウンでは、好きな職業になりきって遊べるので子供に人気です。

ごっこタウンのコンビニ

ただ、ごっこタウンはフリーパスが使えないので注意。

これが目的ならフリーパスでなく、入園券のみで入場したほうがオトクです。

  • 入館料金:90分500円
  • 衣装料金:1,000円で何着でも
  • 入館時間:土日祝/10:00~18:00
    (平日は16:30まで)

なりきり衣装をレンタルして、記念に写真を残しましょう。

ごっこタウンのレンタル衣装

本物の消防士やパン屋さんなどになりきって、子供たちも夢中になります。

バードフライヤーで子供から褒められよう

このエリアで注目を集めているのが、バードフライヤーです。

イスに座って、ひたすら空中で振り回されます。

これに平気な顔で乗れたら、子供から尊敬のまなざしで見られること間違いなしですね。

レインボーバンディットで旅に出る

場所はすこし離れますが、レインボーバンディットも小さい子向けです。

ただ1,2歳くらいの子は、暗くてすこし怖がるかもしれません。

キャラクター達と気球に乗って、失われた虹を求めて旅をするといったテーマのアトラクションです。

ほかにも、ゴーカートや子供用ジェットスター、足こぎボートなど子連れで楽しめるアトラクションがいっぱいあります。

すべて紹介してもキリがないので、別のエリアを紹介します。

オリエンタルトリップでお散歩

入園前のチケット売り場で、プラス500円でオリエンタルトリップの入場チケットを購入できます。

オリエンタルトリップは、アンコール王朝の寺院、古代中国の一二望展望台、ブータンの僧院、寺院モスクなどを忠実に再現しています。

アジアの遺産や建造物を見ながら散策するのが好きなら、迷わずチケットを購入しましょう。

あまり興味がなくても、3Dマッピングやイルミネーション、チューリップ祭などのイベント時にはおすすめです。

アンコールワット王朝の復元寺院では、ライトアップを毎日開催しています。

春のチューリップ祭は、3月中旬から4月中旬に開催されます。

遊覧船ウェストレイカーで道のりを短縮

オリエンタルトリップまで歩いていったら、結構いい運動になりますが、アトラクションで遊び疲れたあとに行くのは意外としんどいです。

そこで、遊覧船のウェストレイカーを利用してみましょう。

フリーパスチケットを使って乗ることができます。

下の図のからの距離を短縮できます。

子供もよろこんで、一石二鳥です。

船を降りれば日本一長いエスカレーターに乗って、オリエンタルトリップはすぐそこです。

夏季限定レオマウォーターランド

レオマウォータランドは夏季限定で、7月から9月中旬まで開催しています。

あいにくの雨天でしたが、これだけの人たちでにぎわっていました。

レオマウォーターランド

ウォーターランドには四国最大級のキッズプールのほか、キッズアスレチックスライダーなど、お子さんが遊べる遊具がいっぱいです。

基本10:00~17:00までですが、最長8:00~18:30まで営業しています。

>>公式サイト(営業時間)

ウォーターランドを紹介した記事はこちら

アトラクションで遊んだら、食事とお土産

ウェルカムゲートを越えると、売店や飲食店が見えてきます。

レオマのウェルカムプラザ

このエリアはウェルカムプラザで、お土産やランチや軽食などを済ませられます。

脱力系癒しを与えてくれることで人気のししゃもねこ専門ショップなど、お土産屋さんだけで4店舗ほどあります。

ししゃもねこショップ

ほかにも豚まん本舗やクレープ、チュリトスやソフトクリームなど、食べたりショッピングしたりと、ここだけでけっこう満喫できますよ。

レオマのアトラクションで遊んだらイベントも楽しむ

レオマワールドでは、さまざまなイベントが開催されており、代表的なのは冬季に開催される中四国最大のイルミネーションです。

イルミネーションを子連れで楽しむ

イルミネーションは、10月末~2月末限定の17時すぎからの開催イベントです。

250万球のイルミネーションが輝きだし、パーク内の至るところを照らします。

全景を見るために観覧車から撮影しました。

あたり一面に電飾が輝き。明るいときに見る風景とはまったく違う絶景を楽しめます。

イルミネーションのビフォーアフターを比較してみましょう。

本格的なイルミネーションは冬期に開催していますが、それ以外でも冬期の半分ほどの規模のイルミネーションは毎日見られます。

レオマから約8kmの距離にある、まんのう公園のイルミネーションもスゴイですが、中四国最大のイルミネーションってだけはあります。

参考まんのう公園のイルミネーション

ファンタスティックパレード

レオマワールドでは約25分のパレードもあります。

昼の部と夜の部がありますが、毎日開催しているわけではないので注意。

>>公式サイト(イベント情報)

にぎやかな音楽とダンスが楽しめ、夜の部のほうがキラキラしていてキレイですよ。

ファンタスティックパレードの場所は、園内マップの左上の大通りになります。

パレードコース

冬季もパレードはありますが、ジッとして見るのは寒いのでガマンできません。

そんなときは、近くにいるだけで暖かいパラソルヒーターを利用してみては。

パレードコースにも設置してあるので探してみましょう。

オーロラショー・花火ファンタジア

閉園前の時間にオーロラショーと花火ファンタジアがありますが、花火は年に20回ほどしかないので注意。

オーロラショーは10分ほどの時間限定です。

>>公式サイト(イベント情報)

オーロラショーが終わったあとに、同じ場所で花火ファンタジアが始まります。

鑑賞するには、この位置がおススメです。

とてもキレイで見る価値充分ですが、花火ファンタジアは閉園すこし前の時間帯に開催されるイベントです。

そのため花火が終われば、みんなが一斉に帰宅を始めます。

これがもう大渋滞で、なかなか車が前に進みまず、大通りにでて渋滞をぬけだすのに1時間ほどかかります。

おそい時間帯まで滞在する予定であれば、ホテルレオマの森の利用しましょう。

宿泊者限定で往復1,500円(キャンペーンで無料もあり)で直行バスもあり、とっても便利です。

直行バスの詳細はこちら

  • 大阪府(JR新大阪駅・JR天王寺駅・阪急梅田駅・なんばパークス)
  • 兵庫県(JR姫路駅・三宮)
  • 岡山県(JR岡山駅・JR倉敷駅)
  • 広島県(JR広島駅・JR福山駅)
  • 愛媛県(エミフル・JR松山駅・いよてつ松山市駅・JR新居浜駅)

ホテルレオマの森での宿泊は、小さなお子さんや赤ちゃん連れにはコテージのファミリールームがおすすめです。

お風呂も充実しており、ジャグジーや微細気泡風呂、カラーバスなどアトラクション風呂があります。

レオマの森は連休や夏休みの時期には、かならず予約でいっぱいになるので、早めに確保しておきましょう。

詳しくは、つぎの予約サイトを確認してください。

そのほかのレオマに関する記事は、次のリンクから。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!