2020年7/24(金)~8/9(日)の17日間で開催される、東京オリンピック。

オリンピック競技大会
正式名称:第32回オリンピック競技大会(2020/東京)
開催期間:2020/7/24(金)~8/9(日)
競技数: 33競技

パラリンピック競技大会
正式名称:東京2020パラリンピック競技大会
開催期間:2020/8/25(火)~9/6 (日)
競技数:22競技

このページでは、聖火リレーの四国4県におけるルートと時期の運行予定をお伝えします。

東京2020聖火リレーの工程

オリンピックと言えば、開催前の聖火リレーです。

当然、東京オリンピック開催前にも行われ、全国47都道府県を巡ります。

東京オリンピックの聖火は、ギリシャのオリンピア市で3月12日に採火されます。

写真はオリンピック委員会(IOC)からの引用です。

3月20日に宮城県東松島市に航空自衛隊基地に入り、宮城・岩手・福島の3県で展示、3月26日に福島県を出発します。

各都道府県を2日かけて運ばれ、7月10日に東京都へ向かう工程となっています。

移動日を含めると総日数121日間の工程です。

四国の聖火リレーのルートと時期

オリンピック聖火リレー

オリンピックの聖火リレーが四国にいつ来るのか、ルートがどうなるのかをお伝えします。

最新情報が分かり次第、随時更新したいと思います。

いつ四国に聖火がやってくるのか

大阪→徳島→香川→高知→愛媛→大分と聖火リレーは引き渡されていきます。

徳島県 2020/4/16(木)~4/17(金)
香川県 2020/4/18(土)~4/19(日)
高知県 2020/4/20(月)~4/21(火)
愛媛県 2020/4/22(水)~4/23(木)
まずは、大阪から徳島県に入ることになり、そのあと香川県に引き渡されることになります。

香川県からは高知県へ、そのあと愛媛県に引き渡され、愛媛県からは大分県へと向かうことになります。

聖火リレーのルートと走行の条件

ルートは、各県の実行委員会によって決定されます。

国道など大きな道路を走ることは予想できますが、詳細については決まっていません。

1県当たり2日が割り当てられ、約32km(16km×2日)の走行となります。

1日当たりの走行条件は、走者は80人で1人当たり200mです。

市町村で決めた区間を走ったあと、違う市町村へ車両で移動し、どんどん引き継がれていきます。

車両移動では聖火を専用のランタンに格納し、つぎの市区町村に到着したら、トーチに聖火を点火して聖火リレーを行います。

東京2020パラリンピック聖火リレーは四国に来ない

パラリンピックの聖火リレー

東京2020パラリンピック聖火リレーは、オリンピック終了後の2020年8月13日から8月25日に行われます。

しかし、パラリンピックの聖火リレーが四国の公道を駆け抜けることはありません。

ただ、日本各地で聖火フェスティバルが開催されます。

聖火フェスティバルとは、採火イベント、学校や病院、パラリンピックゆかりの地などへの炎の訪問イベントのことです。

これら各地で開催されたイベントの炎は、東京へ向けて送り出されます。

そして各地から送り出された炎は、東京で一つに集火し、東京2020パラリンピックの聖火となります。

2020年8月21日に東京で集火式が行われたあと、22日から25日にかけて、都内で聖火リレーが行われます。

日程 場所
聖火フェスティバル 2020年8月13日(木)
~2020年8月17日(月)
各地
集火式 2020年8月21日(金)夜 東京都
聖火リレー 2020年8月22日(土)
~2020年8月25日(火)
東京都

 

徳島・香川・高知・愛媛のルートとイベント会場

1日の最終市区町村で、セレブレーション(聖火到着を祝うイベント)が開催されます。

セレブレーション会場では、ステージプログラムの披露、展示ブースのほか、最終聖火ランナーが聖火を聖火皿に灯すセレモニーが行われます。

徳島県のルートとイベント会場

1日目 2日目
三好市・東みよし町 海陽町
つるぎ町・美馬市 牟岐町
神山町 美波町
阿波市・吉野川市 那賀町
石井町・上板町 上勝町
板野町・藍住町 阿南市・小松島市
北島町・松茂町 勝浦町
鳴門市 佐那河内村
徳島市

1日目のセレブレーション会場は、鳴門市の「鳴門ウチノ海総合公園 公園西側の広場」で行われます。

 

2日目は、徳島市の「アスティとくしま」です。

 

香川県のルートとイベント会場

1日目 2日目
宇多津町 坂出市
丸亀市 綾川町
まんのう町 土庄町
直島町 小豆島町
琴平町 東かがわ市
善通寺市 さぬき市
多度津町 三木町
三豊市 高松市
観音寺市

1日目のセレブレーション会場は、観音寺市の「観音寺まちなか交流駐車場」で行われます。

 

2日目は、高松市の「玉藻公園 桜の馬場」です。

 

高知県のルートとイベント会場

1日目 2日目
高知市 南国市
いの町 香美市
土佐市 香南市
須崎市 北川村
梼原町 安芸市
四万十町 室戸市
四万十市 東洋町
土佐清水市 奈半利町・田野町
宿毛市 安田町
10 高知市

1日目のセレブレーション会場は、宿毛市の「宿毛湾港新田緑地(海風公園)」で行われます。

 

2日目は、高知市の「高知市中央公園」です。

 

愛媛県のルートとイベント会場

1日目 2日目
四国中央市 砥部町
新居浜市 愛南町
西条市 伊予市
今治市 内子町
上島町 大洲市
東温市 松野町
久万高原町 鬼北町
松前町 西予市
松山市 宇和島市
10 伊方町
11 八幡浜市

1日目のセレブレーション会場は、松山市の「松山城城山公園堀之内地区(やすらぎ広場)」で行われます。

 

2日目は、八幡浜市の「道の駅・みなとオアシス八幡浜みなっと(緑地公園芝生広場)」です。

 

まとめ

聖火リレーの四国4県におけるルートと時期の運行予定をお伝えしました。

四国内は、徳島県→香川県→高知県→愛媛県と2日ごとに移動します。

香川県以外は平日開催になってしまいますが、できる限り応援に行きたいですね。

2020東京オリンピック開催まで1年を切りましたが、聖火リレーを盛り上げていきましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!