佐田岬半島

四国最西端の佐田岬半島は日本一細長い半島で、観光名所が多いから、民宿大岩までの道のりも楽しいです。

また、国道197号線は信号が少ないので、片道48kmを快適なドライブやサイクリングも快適。

とても自然豊かで、それを活かした観光もできるので、とってもおすすめです。

このページでは、四国最西端の民宿大岩と、そこまでの立ちより観光スポットを紹介します。

民宿大岩ってどんな場所にある?

佐田岬半島の全長

民宿大岩のある佐田岬半島は、四国の最西端にある半島です。

そして、その最西端にあるのが民宿大岩。

佐田岬はとっても見晴らしのいい絶景が広がっていて、海岸は入り組んだリアス式海岸になっています。

だから美味しい魚介類の宝庫です。

下の写真は、民宿大岩から5kmの距離にある佐田岬灯台。

佐田岬灯台の観光

佐田岬灯台は、佐田岬のほんとに一番西端にある、絶景をたのしめることで人気の灯台です。

民宿大岩に宿泊するなら、ぜひとも行ってほしい観光スポットです。

佐田岬灯台の周辺には、12門の旧日本陸軍の砲台跡が残されていて、観光用に整備されています。

灯台まで行けば、近くの砲台を見ることもできますよ。

晴れた日には九州が遠くに見え、夕暮れには海に沈む夕日が昼間とは違って、とってもきれいです。

道中の国道197号にはメロディーラインや道の駅など、立ち寄りポイントもいっぱい。

一昔前までは道も悪く、気軽に観光できる状態ではなかったのですが、今ではしっかり整備された道路では快適なドライブやサイクリングを楽しめます。

そんな場所に民宿大岩はあります。

民宿大岩へのアクセス方法

佐田岬半島の地図を見れば一目でわかりますが、日本一細長い半島になっています。

民宿大岩にアクセスするためには、九州からはフェリーでのアクセス、八幡浜方面からは車やバスを利用できます。

 

大分県からフェリーで移動する

フェリーは八幡浜港と、佐田岬中間にある三崎港に到着します。

運営しているフェリー会社は、国道九四フェリー、宇和島運輸フェリー、オレンジフェリーの3社です。

大人2,510円、小人1,260円

フェリーでのアクセス
運航区間 所要時間 料金
国道九四フェリー 佐賀関港~三崎港 1時間10分 大人1,070円、小人540円
宇和島運輸フェリー 別府港~八幡浜港
臼杵港~八幡浜港
2時間50分
2時間25分
大人3,300円、小人1,650円
オレンジフェリー 臼杵港~八幡浜港 2時間20分 大人2,510円、小人1,260円

それぞれ公式ページは次のリンクから。

>>国道九四フェリー
【https://www.koku94.jp/】

>>宇和島運輸フェリー
【https://www.uwajimaunyu.co.jp/】

>>オレンジフェリー
【https://www.orange-ferry.co.jp/】

八幡浜方面からバスで移動する

伊予鉄南予バスが、三崎港~八幡浜方面に約1時間に1本ほど運航しています。

伊予鉄南予バスには貸切バスもあるので、団体で利用するのもありですね。

>>伊予鉄南予バス

民宿大岩に行くまでに寄れる観光スポット

佐田岬半島のドライブは、観光ポイントが充実しています。

亀ヶ池温泉や風車、道の駅伊方きらら館と道の駅瀬戸農業公園などです。

亀ヶ池温泉

亀ヶ池温泉は地下1,500mから湧き出る天然温泉です。

泉質は弱アルカリ性で、体の奥にたまった疲れをほぐしてくれます。

レストランは四国最西端の民宿大岩が出店しており、豊後水道の新鮮で美味しい海の幸を味わえます。

愛媛の伊方町にある日帰り温泉、亀ヶ池温泉は佐田岬メロディラインから宇和海に下りた閑静なエリアにあるスポット。 宇和海の新鮮な魚介類を堪能できるレストランや地元特産品が買える物産館等も完備。愛媛県下一円、ドライブがてら日帰りでも楽しめる温泉です。

施設屋外の足湯は無料で利用できます。

温泉に入る時間がなければ、足湯だけでも楽しめますよ。

露天風呂以外にも岩盤浴や家族風呂、サウナや塩サウナなど充実した施設になっています。

営業 10:00~21:00
休館 第4木曜(祝祭日の場合は翌日)
駐車場 140台
泉質 ナトリウムー塩化物温泉
(弱アルカリ性低張性温泉)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病など

道の駅 伊方きらら館

道の駅伊方きらら館

伊方きらら館は、とにかくキレイです。

館内の施設も大きな水槽やアクアリウム、それにサイクリストにやさしい休憩スペースも完備されています。

ゆっくりとくつろぐには最高な道の駅です。

物産店では柑橘類が充実しています。

道の駅 瀬戸農業公園

八幡浜方面から佐田岬半島を進めば、道の駅瀬戸農業公園が道沿いにあります。

わかりやすいので見逃すことはないと思います。

美味しいジェラートとクロワッサンたい焼きを購入してみましょう。

それと道の駅の直前にはメロディーラインがあり、知らなければ何事かとビックリするかもしれません。

メロディーラインでは車内に「みかんの花咲く丘」というメロディーが聞こえてきます。

風の丘パーク

佐田岬半島には、風車を見ることができる風の丘パークが各所に設けられています。

せと風の丘パーク、二見くるりん風の丘パーク、みさき風の丘パークです。

この中でみさき風の丘パークは、風車の真下を走ることができるドライブコースとなっています。

みさき風の丘パーク風車

2.3kmの道のりを風車を横目にドライブできるので快適です。

みさき風の丘パーク風車ドライブ

ですが最後は行き止まりになっているので、満足したら引き返しましょう。

そのまま通り抜けできるのかと期待していたら、残念な結果になります。

民宿大岩がおすすめな人

佐田岬半島の観光を1日楽しんだら民宿大岩に泊まって、疲れを回復させましょう。

民宿大岩

宿泊さえできればいいなら旅館やホテルで満足できます。

でもせっかく瀬戸内の自然豊かな場所まできたなら新鮮な魚介類を楽しみたいですよね。

民宿大岩の良いところは、リーズナブルなのに新鮮な料理をお腹いっぱい食べれることです。

ただ施設自体は、お世辞にもキレイとは言いにくいので、それが気になるならあまりおすすめできません。

でも、ほんとに料理がとってもおいしいですよ。

佐田岬灯台に行きたい人や、おいしい魚介類で満足したい人に民宿大岩はおすすめです。

民宿大岩が選ばれる理由

民宿大岩の看板

佐田岬半島には民宿や旅館が数多くありますが、その中でも民宿大岩は最西端。

それだけでも行ってみたいですよね。

さきほども紹介しましたが、佐田岬灯台は日の出や夕日など、絶景が広がる観光スポットです。

民宿大岩から佐田岬灯台までは5kmの距離、車では10分そこそこで到着するので、佐田岬灯台に行きたいなら便利な民宿です。

それだけはなく、とにかく海鮮料理がとっても美味しいので、これを目当てにしたリピータもたくさんいます。

民宿大岩の料理がおいしい

民宿大岩は、亀ヶ池温泉のレストランにも出店しているので、その味に間違いはありません。

刺身の盛り合わせと貝類、プリプリの伊勢エビが入った味噌鍋など食べきれないくらい出てきます。

刺身はプリプリ、

貝は身がぎっしり、

鍋はエビの風味が濃厚。

どれも本当においしかったです。

ちーも
お腹いっぱい、大まんぞく

朝食も質素ながらボリュームたっぷり。

味噌汁は魚介のダシがとっても身体にしみわたります。

民宿大岩の口コミと評判がとても好評

民宿大岩の口コミと評判もとっても良くて、みんなとっても満足して帰っています。

楽天トラベルでは2019年10月で105の口コミがあって、平均すると☆4.5の高評価です。

[70代男性]
  • 三崎港までサイクリングし、宿のご主人の迎車で楽々入宿
  • 浴場から宇和海の夕暮れを堪能
  • 食事の豪華さにみんな驚愕
  • 伊勢海老、ウニ、各種魚の造り、さざえ、ホタテ、ハマグリの海賊焼き、ぶりのあら炊き、伊勢海老の鍋など食べきれないほどの豪華な料理
  • 翌日も海鮮丼の昼食を注文、これも食べきれないほどの海鮮
  • 大満足の旅になった
[匿名]
  • 2月10日に宿泊
  • 子供が高熱を出し不安になったが、アイスノンを快く冷やしてくれ、帰るまで気にかけてくれた
  • スタッフの優しさに触れた感じがした
  • 食べきれない程のお造り、鍋、貝の焼き物、お刺身も新鮮でとても美味しい
  • 鍋も伊勢海老が豪快にゴロゴロ入っててすごい迫力
  • 近くだったら毎月でも行きたい

公式サイトを見る ≫楽天トラベルの口コミ

Yahoo!トラベルでも同じく☆4.5の高評価です。

[60代男性]
  • 美味しい海鮮料理を堪能した
  • あまりにも多くの料理で食べきれなく申し訳けなかった
  • 女将さんの心遣いもうれしかった
  • 機会があれば、またぜひ行きたい

公式サイトを見る ≫Yahoo!トラベルの口コミ

宿を出るときは、大将と女将さんがわざわざ外までお見送りに来てくれます。

とても心あたたまる民宿でした。

民宿大岩へ行くまでの立ちより観光スポットと、四国最西端の民宿大岩を紹介しました。

佐田岬半島は自然豊かで、子連れでも楽しめるおすすめの場所。

晴れていれば、サイクリングを楽しむのもいいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!