地震対策グッズ|家庭で備蓄するべき防災品は?【決定版】

はじめに

内閣には、南海トラフ地震における応急対策活動計画があります。

震災発生後72時間(3日)で、物資や医療などの救援(広域応援部隊)を派遣ができるように計画しています。

しかし南海トラフ地震は、あまりにも広い範囲に被害をおよぼします。

そのため、計画通りにはいかないことも十分予想されます。

結局は人に頼るのではなく、あなたとあなたの大切な家族を守るのは、この記事を読んでいるあなた自身だということです。

いざという時、焦って後悔したくはありませんね。

今回は、いざ震災に見舞われたらどんなモノが役に立つのか、

これだけは備蓄しておきたい地震対策グッズを紹介したいと思います。

家庭で備蓄しておきたい防災品と地震対策グッズ

地震対策グッズを備えるといっても、別に難しいことではありません。

ちかくのホームセンターに行けば、地震対策グッズコーナーもあるところにはあります。

またインターネットでも手軽に購入でき、自宅まで届けてくれるので、そちらのほうがいいかもしれませんね。

それでは、私が実際に備蓄している地震対策グッズを紹介します。

食料

食料が必要なのは当然です。

冷蔵庫に食材があれば、しばらくは食べものに困りません。

しかし、もし夏場での震災であれば、電源のない状態で冷蔵庫の中の食材は急速に腐敗します。

さらには熱を通さなければ食べられない食材、お湯を沸かして調理しなければならない食材もあります。

そんなことでは、すぐに飢えてしまいます。

そこで、長期保存できる食料を準備しましょう。

長期保存食といえば缶詰やカンパンなど、代わり映えしないモノや味気ないモノをイメージしてしまいます。

震災後は贅沢など言ってられませんが、できれば美味しくいただきたいですね。

白米は当然ですが、いろんな味を楽しめるご飯が市販されています。

お湯で約15分、水で約60分かかりますが、ふんわりご飯を頂くことができます。

スプーンも入っているので、食器を用意する必要がなく、被災時にはとても助かります。

おやつ感覚で食べられるものも販売されています。

バランスパワーという、どこか聞いたことのあるような名称のバー状ビスケットには、袋に災害時の安否確認方法を記載しています。

こうした気づかいがうれしいですね。

震災後はストレスも図り知れません。

できるだけ多くの種類の食料でストレスを軽減したいものです。

保存水

飲料水は大人1人あたり1日3㍑を、最低3日分を用意しなくてはいけません。

つまり、大人1人あたり2㍑ペットボトルで4.5本分が必要です。

これはあくまでも必要最低量で、備蓄量は多いに越したことはありません。

市販のペットボトル水でも、だいたい2年くらいの消費期限はあります。

しかし備蓄という意味ではもっと長期に保存したいところで、5年の長期保存できる保存水も市販されています。

値段は多少上がりますが、7年や12年といった長期保存水もあります。

更新頻度を考えれば、超長期保存できる水のほうが良いかもしれません。

もし消費期限を過ぎたとしても、生活用水(洗濯、トイレ、手洗い)などにも活用できます。

給水車の派遣がいつになるかも分からないので、保存水は多すぎて困るものではありません。

持ち運び用の給水タンクや浄水器も用意しておけたら、なお言うことなしです。

非常用持出袋

震災で避難生活を余儀なくされる可能性もあります。

自宅から持ち出せなくなるものも多く、着の身着のままといったことも充分想定されます。

そこで、玄関近くに非常用持出袋を準備しましょう。

あらかじめ必要なものを入れておき、避難所に持っていけるようにします。

非常用持出袋には小物から衣類、レジャーシートまで、大体のモノは入れておけます。

それと、小銭を含むある程度の金額を非常持出袋に入れておいたら安心です。

震災直後はATMも使えなくなるので、お金に困ることも想定できます。

最近では機能性はもちろんのこと、デザイン性にも優れた非常持出袋も人気があります。

赤ちゃん用のセット内容の非常持出袋や子供が背負えるモノもあり、一口に非常持出袋と言っても、市販されている商品は充実しています。

衛生用品

南海トラフ地震の被害想定では、水道水や下水の復旧までに1週間以上は掛かります。

避難所の仮設トイレでは行列ができ、水も出ないため衛生面も悪くなります。

トイレに関して言えば、自宅トイレに取りつける簡易トイレや、外出先でも使える携帯用トイレがあります。

その種類もいろいろあり、ダンボールで組み立てたり凝固されるモノもあります。

絶対に必要になるものなので、できれば1ヵ月分くらいは買い置きしておきましょう。

また同様に、水が使えないということは、お風呂にも入れないということです。

身体拭きタオルや、水のいらないドライシャンプーも市販されているので、購入を検討しましょう。

備蓄品リスト

これまでの備蓄品は最低限ほしいものです。

そのほかにも用意しておいてほしいものを紹介します。

ほとんど日用品として購入できるので、それを自宅の保管場所に備蓄しておけば事足ります。

memo

備蓄品リスト

  • カセットコンロ、カセットボンベ
  • ティッシュ、トイレットペーパー
  • マウスウォッシュ
  • 軍手(大人用、子供用)
  • マッチ、ろうそく
  • マスク(大人用、子供用)
  • ゴミ袋
  • 栓抜き、缶切り
  • 紙皿、割りばし
  • 救急箱
  • ライト(手動発電式)
  • ラジオ
  • 防寒具

夏場以外は、雨や夜になれば冷えこみます。

しばらく電化製品が使えなくなるので、家の中でも防寒対策が必須です。

今回、紹介した地震対策グッズはインターネットのショップで購入しました。

まだ持っていない地震対策グッズがあれば、公式サイトを訪れてみてください。

ラインナップも充実しており、手軽にそろえることができます。

公式サイトを見るアットレスキュー
【https://atrescue.jp/】

※近年災害が多発している影響で、このショップでも品薄状態が続いているようです。地震対策グッズの在庫状態については、ホームページで確認してください。

さいごに

備えあれば憂いなし、出来ることをしないで後悔したくありません。

いざという時の備えは、多すぎるということはありません。

大切な家族や仲間を守るために、普段から防災意識をもちたいところです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!