6334の里(ムササビの里)

道の駅633美の里は、国道439号線沿いにある高知の道の駅です。

吾北の農林産物や、地元産品を原料にしたランチメニュー、ケーキなどのスイーツが食べられるお菓子屋さんがあります。

売店では、カブトムシの幼虫や狸の油といった、ちょっと変わったものまで販売されています。

道の駅の名前自体もユニークなのに、なかなか特色のある道の駅ですね。

このページでは、吾川郡いの町にある633美の里(むささびの里)について紹介します。

道の駅633美の里のナゾと基本情報

カブトムシの幼虫

633美の里は、2002年に旧吾北村の申請で道の駅として登録されました。

休憩スペースや情報コーナー、特産品の直売所など、地域の特色を活かした道の駅になっています。

633美の里って何と読むのか?

633美の里の名前を初めて見たとき、正直な話、なんて読むのかわかりませんよね。

633美と書いてムササビと読みます。

なかなかのネーミングセンスですが、そもそもなんで633美にしたの?と疑問です。

この道の駅は国道194号と国道439号が交わる場所にあることから、この2つの数字を足した「633」に、自然の美しさを表す「美」をつけて「633美の里」と名付けました。
吾北地区に生息しているむささびのように、目標に向かって飛躍していこうという想いが込められています。

633美の里HPより

名物のムササビと国道の数字を結びつかせたあたり、すごいヒラメキですね。

道の駅の営業時間と定休日

道の駅の物産店は9:00から18:00まで営業しており、飲食店のほうは17:00までの開いています。

定休日は12/31から1/3です。

物産店 営業/9:00~18:00
定休/12/31~1/3
食事処はちきんや 営業/9:00~17:00
定休/12/31~1/3
森の小さなお菓子屋さん 営業/9:00~17:00
定休/12/31~1/3

道の駅へのアクセス方法

道の駅633美むささびの里へのアクセスは車が便利です。

 

舗装された2車線の山道を走っていたら見つかりますが、信号もほとんどないので、快適なドライブを楽しめますよ。

住所 高知県吾川郡いの町上八川甲1160-2
電話 088-850-5300

道の駅の駐車場は、大型5台、普通車25台停められます。

道の駅の情報コーナー

情報コーナーでは、いろんなパンフレットを、落ち着いた空間で見ることができます。

道路情報などを提供する端末もおいているので、ゆっくり利用しましょう。

633美の里のランチは食事処はちきんや

「食事処はちきんや」と「森の小さなお菓子屋さん」は同じ空間にあり、食事スペースは少しせまいですが、小さい子用のイスも置いてあります。

座敷はないので、自分で座ることができない幼児には向いてないかもしれません。

ランチメニュー

私たち家族は、食事処はちきんやで、むささび定食Aと山里定食をいただきました。

天ぷらがサクサクしておいしかったです。

秋~冬の季節限定メニュー「つがにうどん・そば」もあります。

季節により吾北で収穫された野菜と柚子の香りが、ほんのりとつがに汁の美味しさを引き立てます。

ランチ後は森の小さなお菓子屋さんの特上スイーツ

森の小さなお菓子屋さんでは、素材の美味しさを生かしたお菓子を販売しています。

森の小さなお菓子屋さんのメニュー一覧

生姜の香るシフォンケーキ、黒ゴマのババロア、スポンジにクリームを閉じこめたハウンドケーキなど、特産品を使ったスイーツが並びます。

森の小さなお菓子屋さんで販売されているケーキ

地元産のさつまいものあんが入ったパイや、バナナを練りこんだハウンドケーキが人気の商品です。

ランチの口コミ

食べログからランチの口コミを引用します。

「つがにそば&おむすび(880円)」を券売機で購入。

ツガニはモクズガニ、つまり仁淀川に生息する上海ガニらしいです。
カニを潰して濾してナスやりゅうきゅうと一緒に煮て醤油で味付けた高知の料理みたいです。
で、次にりゅうきゅうって何だと調べたらハスイモという野菜でした。

汁はすっきりした味付けで、ツガニは臭みもクセもない。
ウマウマで汁も全部飲み干しました。

森の小さなお菓子屋さんではミレービスケットを買いました。

リッツを小さくしたようなビスケットで、味はやんわりとした甘さがあり美味しかったです。

むささびの里の珍しい特産品

道の駅633美むささびの里では、吾北地区でとれた特産品が豊富です。

キャベツの仲間で栄養価が高くて甘い味のコールラビ、吾北地区でとれた小麦粉を使ったアーモンドマカロンなど。

生産者がこだわって栽培した野菜やお菓子を販売しています。

黄金千貫いも

黄金千貫いもが1袋200円で販売されています。

九州では「芋焼酎」の原料にも使われる一般的な品種みたいですが、四国では珍しいですね。

販売コーナーでは食べ方などの説明書きもあり、分かりやすく工夫されています。

りぐり茶

特産品でりぐり山茶という茶葉が販売されています。

633美の里(むささびの里)のお茶

煎茶やほうじ茶、りぐり山茶と生姜の葛湯など、いろんな種類があります。

煎茶を購入しましたが、柔らかな味と香りでおいしかったですよ。

希少なハチミツ

日本ミツバチが集めた地蜜ぢみつで高価(5,000円)なハチミツ。

日本ミツバチは、西洋ミツバチにくらべ10分の1ほどのペースでしか蜜を集めないため、蜜がしっかり溜まるには1~2年もかかります。

その土地の四季の花から少しずつ蜜を集め、巣箱の場所によって色も風味も少しずつ違います。

たくさんの花から集めた、希少な地蜜ぢみつを販売しています。

狸の油ってなんだ?

狸の油の塩漬けが販売されています。

ちいさな容器ですが2,500円もする高級品で、勇気がなく購入を断念しましたが、すこし後悔です…

【ふるさと納税】狸の油
created by Rinker

同じものが楽天市場でも販売されていたので、気になったらご覧ください。

むささびの里の近くにある温泉施設

道の駅633美むささびの里から車で6分の場所に吾北むささび温泉があります。

泉質は含鉄ナトリウム塩化物泉で、きりきず、やけど、神経痛、関節痛などの効能があります。

営業時間と料金

吾北むささび温泉の定休日は毎週木曜日、営業時間は10:00から21:00です。

料金は大人600円、子供300円で、歩行浴とのセット料金もあります。

営業 10:00~21:00
定休日 木曜日
入浴 大人600円/子供300円
歩行浴 大人300円/子供150円
セット 大人800円/子供400円

施設は温泉、歩行浴、サウナ、トレーニングルームを利用できます。

吾北むささび温泉へのアクセス

道の駅633美むささびの里からは4.6kmの距離にあります。

住所 高知県吾川郡いの町
小川東津賀才53-1
電話 088-867-3105

まとめ

むささびの里のランチと温泉を中心に、道の駅633美の里の魅力をお伝えしました。

なかなか特色のある道の駅、その近くにはゆったりできる温泉施設があるので、ぜひ立ち寄ってみましょう。

そのほか、道の駅の情報などを紹介した記事があるので、合わせてご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!