地震緊急速報

南海トラフ地震など巨大地震なんて、来なければそれに越したことはないです。

でも、私たちが生きているうちに必ず発生します。

今から地震が起きたらどうするかを想定し、いざという時に冷静に行動しましょう。

それができれば、あなたとあなたの大切な人を守ることができます。

地震が起きる前にしておくべきこと

地震が起きる前に、今すぐしておくべきことを考えてみましょう。

ハザードマップを確認する

もし、あなたの自宅がダメになったら…

まずは、家族が集合する場所をあらかじめ話し合って決めておくことが大切。

たとえば、自宅近くの学校や自治会館などは集合しやすいので候補に入れておきます。

また、災害対策基本法によって、地域の指定避難所が決まっています。

地震などで自宅に住めなくなったときに避難生活を送る場所になるので、ハザードマップで確認しておきましょう。

>>ハザードマップポータルサイト

決めておいた施設などに集合できなかった場合の、代案も決めておくと安心です。

住んでいる土地について知る

これから新居を考えているなら特に、暮らす土地について知っておいて損はありません。

かならずハザードマップを見て、その土地が地震災害に強いか弱いか確認しておきましょう。

台地、丘陵地きゅうりょうちや山地は地盤がしっかりしていますが、崖崩れや土石流が心配です。

低地や人工盛土は地盤が弱いので、地震の揺れが大きくなります。

>>南海トラフ地震の被害想定は?

地震が起きたらどう行動するか

地震が起きたらどう行動するかについて説明します。

テレビやスマホ、地域の防災行政無線などで緊急地震速報が発信されることは広く知られていますね。

>>緊急地震速報の入手方法(気象庁)

緊急地震速報が発信される仕組みを理解していれば、さらに地震直前の取るべき行動がわかります。

初期微動と緊急地震速報の関係

地震の震源の深さは、地上から浅くて10km、通常であれば30~50km、深くて100km以上もあります。

ある地点での地震のゆれ(地震動)は、地中や地表を伝わる波(地震波)となって伝わってきます。

この地震波には、秒速約7kmのP波(縦波)と秒速約3kmのS波(横波)があります。

下の図のようなイメージです。

P波のほうが速度がはやく、はじめにカタカタと突きあげるように揺れ、初期微動という小さな揺れの原因です。

そのあとやってくるS波(主要動)は、P波の時より揺れが大きいのが特徴です。

気象庁はP波とS波の速さの差から、強い揺れがくる前に緊急地震速報を発信しています。

緊急地震速報が聞こえたら、わずかな時間ですが大きな揺れに備えましょう。

緊急地震速報を聞いたらどうするか

自宅にいるときは、すばやく安全スペースへ避難します。

緊急地震速報を聞いたとき、思考停止して動けなかったら意味がありません。

普段からのシミュレーションが大切で、「この場所で地震が起きたら」って考えるクセをつけておきましょう。

  • 安全スペースへ逃げこみます。
    移動の余裕がなければ座布団などで頭を守り、丈夫なテーブルの下で脚の部分を押さえます。
  • 車を運転しているときはハザードランプを点灯させ、緩やかにスピードを落とし停車します。
  • 屋外にいるときは塀や窓ガラス、看板などから離れ、空地などの安全な場所に移動します。
  • エレベータにいるときは最寄りの階に止め、すぐにおります。
  • 海辺にいるときは、近くの高台や丈夫な施設の上階に避難します。

想定しておくことで、いざ地震が発生したときに冷静に動けるようになります。

地震が起きたあとにどう行動するか

地震が起きたあと、すこし落ち着いてからの行動もかなり大切です。

地震の二次災害を防ぐには

揺れが止まったら二次災害を防ぐために、とにかく落ち着いて周りの状況を把握してください。

memo

二次災害を防ぐには

  • 散乱したガラスなどでケガをしないように、厚底のスリッパや軍手を着用します。
  • 火を消すなど、危険を排除します。
  • 部屋の扉やドアをあけ、脱出路を確保します。
  • 懐中電灯などの明かりを用意します。
  • ラジオやテレビなどで情報を収集します。
  • 自宅をはなれる場合、電気のブレーカーを切ります。

懐中電灯やラジオなどは、家庭で備蓄しておきたい地震対策グッズです。

津波から身を守る

津波の性質についてぜひ覚えておいてください。

津波は水深が深いほど早く、逆に遅くなるほど波が高くなります。

南海トラフ地震では津波が最短5分で到達し、そのあとも何度も繰り返しやってきます。

東日本大震災での津波は、6時間のあいだに7回も襲ってきました。

memo

津波の被害から逃げるには

  • 発生後、絶対に半日は海岸に近づかない。
  • 逃げるときは、水平方向より高い所に移動する。

通電火災を防ぐ

あなたが在宅中であろうがなかろうが、準備ができれば電力会社は送電を再開します。

もし家電の電源コードがちぎれていたり、切れかかっていたら、漏電して火災のリスクが高くなります。

阪神淡路大震災の火災原因の6割が通電火災でした。

いざという時、そのまま自宅の外へ緊急避難することもあります。

その際に自宅のブレーカーを落とす余裕があればいいのですが…。

電力会社がいつ送電を開始しても大丈夫なように、できれば地震が起こったら、その直後からブレーカーを落としておきましょう。

地震が起きたらどう動くかまとめ

南海トラフ地震のような巨大地震がおきた時、普段からの想定が、直ちに動けるためのポイントです。

「この場所にいたら、こう避難しよう」
「あそこのエリアは倒れるものがないから安心できる」

大切な人を守るためにも、家族や仲間と話し合ってみてはいかがでしょうか。

そのほか、南海トラフ地震に関連する記事があります。

あわせてチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!