伯方島の砂の道

愛媛県今治市の伯方島には、あまり知られていませんが、小豆島のエンジェルロードと同じトンボロ現象で砂の道があらわれます。

しまなみ海道をドライブしたり、サイクリングするなら、伯方島を素通りしたらもったいない!

伯方島の自転車のメインルートを走ったら、3.3kmで島を抜けてしまいます。

このページでは、サイクリスト上級者はもちろん、普段サイクリングをしていない初心者でも楽しめる、伯方島1周の観光プランを紹介します。

伯方島にもエンジェルロードが現れる?

伯方島のエンジェルロードの正面

伯方島の砂の道

エンジェルロードとして有名なのは、小豆島しょうどしまと余島をつなぐ砂の道ですね。

 

伯方島にも小豆島と同じトンボロ現象によって、大角豆島ささげじまへと続く砂の道が現れます。

トンボロ現象とは
トンボロ現象とは、海中の障害物に砂が堆積する現象。 障害物に堆積した砂が砂州を形成し陸繋島に至るトンボロの形成原理であり、人工なぎさの造成に応用される一方、地形の変化を招くため抑制される場合もある。(出典:ウィキペディア

小豆島のエンジェルロードもそうですが、伯方島の砂の道も1日に2回、歩いて渡るチャンスがあります。

潮の満ち干きで海の中から現れたり消えたりするので、そのチャンスは干潮時です。

小豆島のエンジェルロードは「天使の散歩道」と呼ばれ、その神秘的な現象から大切な人と手をつないで渡ると、願いが叶うと言われています。

2009年には恋人の聖地にも認定され、ドラマや映画のロケ地にもなっています。

\ 小豆島のエンジェルロード /

残念ながら伯方島の砂の道はあまり知られていないので、観光名所ではなく名前もありません。

小豆島のエンジェルロードのような神秘的な現象を体験できる「伯方島の砂の道」は、ぜひ渡ってみたいスポットです。

行き方や注意事項は、のちほど詳しく紹介します。

伯方島を一周するサイクリングコース

しまなみ海道の全体マップ

出典:本四高速

伯方島は今治市側からは、2番目の島になります。

もし下の地図のように、橋梁部きょうりょうぶの自転車道への出入口を最短で抜けるメインルートを走ったら、3.3kmのサイクリングで終わってしまいます。

伯方島サイクリングのメインコースの地図

出典:Googl Map

その間で目立つ施設は、道の駅伯方S・Cパークくらいなもので、印象が薄いまま伯方島を過ぎてしまいそうですね。

そこで、道の駅伯方S・Cパークを出発地点として、伯方島を一周するプランを紹介します。

島を一周しても17kmなので、サイクリング初心者でも気軽に楽しめます。

道の駅を出発すれば、反時計回りに観光することをおすすめします。

道の駅伯方S・Cパークから南の道路

サイクリング上級者なら問題ないでしょうが、初心者にはきびしい坂道が1kmほどあるので、体力のあるうちに乗り越えておきましょう。

ノンストップで伯方島を1周するなら、1時間くらい掛ければ可能です。

道の駅伯方S・Cパークのレンタサイクルを利用する方法

車で伯方島に来て、それから自転車を借りることを考えているなら、道の駅伯方S・Cパークに行きましょう。

高速道路(伯方IC)を降りて左折すれば、すぐ見えてきます。

道の駅伯方S・Cパークの場所

道の駅伯方S・Cパークの基本情報

道の駅伯方S・Cパークのビーチ

道の駅伯方S・Cパーク内には、文化センターや体育センター、公園やテニスコート、海水浴場の伯方ビーチ、レンタサイクルなどがあります。

特産品の販売所やレストランもあり、夏にはここだけで1日楽しめます。

住所 愛媛県今治市伯方町叶浦甲1668-1
電話 0897-72-3300
営業時間 9:00~17:00
レストラン 10:00~15:00
休業日 年中無休
駐車場 普通車300台

 

道の駅の駐車場はかなり広いので、ゆったり停めることができます。

売店では「伯方の塩ソフトクリーム」が人気です。

伯方の塩ソフトクリーム

伯方レンタサイクルターミナルで自転車を借りる

レンタサイクルを利用するための方法を紹介します。

道の駅伯方S・Cパークのレンタサイクル

伯方S・Cパークの本館の裏側に、こじんまりとしたレンタサイクルのターミナルがあります。

電話 0897-72-0018
営業時間 9:00~17:00
レンタル料金 大人:1100円/1日
小学生以下:300円/1日
電動アシスト:1600円/6時間
タンデム自転車:1300円/1日
保障料金 大人:1100円/1台
小学生以下:500円/1台

※保障料金は、自転車をきちんと返却することで返金されます。

小さい子供を連れているなら、ファミリー電動アシスト付き自転車、通称バリィさん号がおすすめです。

ただし、伯方レンタサイクルターミナルには1台しかないので注意。

電動アシスト付き自転車とママチャリ

わが家には3歳と5歳の息子がいるので、電動アシスト付き自転車と普通のママチャリをレンタルすることに。

普段はあまり運動していないサイクリング初心者ですが、結果的に何とか伯方島一周を達成できました。

さっそくですが、道の駅を出たら、目の前の国道317号を右折して進みましょう。

伯方島をサイクリングで一周するときに立ち寄るスポット

伯方島をサイクリングで一周するときに立ち寄るスポットを紹介します。

坂道で疲れたら船折瀬戸・鶏小島を見ながら小休憩

道の駅から出発して、あまり距離は進んでいませんが、サイクリングコースの長い上り坂で体力をつかいます。

そこで、坂道の途中にある船折瀬戸・鶏小島が見えるポイントで小休憩しましょう。

船折瀬戸・鶏小島の場所

キャンプ場になっていて、トイレも利用できます。

船折瀬戸は、有津あろうず鵜島うしまに挟まれた幅300mほどの急流水道です。

船折瀬戸・鶏小島

船が折れるほどの潮流が川のように流れ、引き潮と満ち潮で流れの向きが変わり、渦を巻いている船の難所として有名です。

引き潮のときは向かって左側からの潮流で、満ち潮のときは右側から流れています。

伯方島ランチグルメ①カフェは「Patisserie T's Cafe 玉屋」

伯方島のカフェで有名なのは、Patisserie T's Cafe 玉屋です。

伯方島のカフェ玉屋の場所

長い坂道を下りきって、すこし行くと国道317号の右側(海側)に見えてきます。

住所 伯方町有津甲2328
電話 0897-72-0343
営業時間 10:00~19:00
定休日 日曜日

 

伯方島のカフェ玉屋の外観

メニューはドリンクとケーキ、フルーツパフェなどがあります。

ドリンクとケーキの種類は豊富で、コーヒーもケーキの甘さとよく合い、とても美味しかったです。

伯方島のカフェ玉屋のケーキ

ただ、あまり遅い時間(夕方ころ)に行けば、売り切れている商品が多いので、できるだけ早めに行くことをおすすめします。

伯方島のカフェ玉屋のテラス

瀬戸内海が目の前に見えるテラス席もあり、おしゃれな空間でおいしいものをいただくのは最高の贅沢ですね。

伯方島ランチグルメ②塩ラーメンを食べるなら「さんわ」

伯方島の塩ラーメンで有名なのが三和さんわです。

さんわの場所

国道317号から県道50号に入りますが、ひたすら進んでいたら見つかるので迷うこともないかと思います。

住所 伯方町木浦甲1650-1
電話 0897-72-1211
営業時間 11:00~19:00
水曜は17:00まで
定休日 不定休

 

さんわの外観

メニューは伯方の塩ラーメンやチャーシュー麵、貝めし、媛っこ餃子などがあります。

セットメニューもあり、貝めしセットがおすすめです。

さんわの貝めしセット

塩ラーメンは素朴な見た目ですが、あっさりした塩味で、サイクリングで疲れた身体にとってもしみわたります。

貝めしは、アサリなどの貝の旨味がたっぷり。

さんわの媛っこ餃子

媛っこ餃子は鶏肉を揚げていますが、まったく脂っこくなく、どちらかと言えばさっぱりした味わいです。

タレは塩ダレか、つぶの大きな伯方の塩を使い分けることができ、どれも本当においしかったです。

伯方島ランチグルメ③魚介は「みなとや」

伯方島ならではの魚介で、寿司や一品料理が好みなら、お食事処みなとやです。

みなとやの場所

さんわを超えて、県道50号を海岸沿いに進めば見つかります。

住所 伯方町木浦甲1551
電話 0897-72-0005
営業時間 11:30~14:00
17:00~21:00
定休日 月曜日

 

みなとやの外観

メニューは鯛のあら炊き、天ぷらや刺身、寿司や定食など種類が豊富です。

写真は食べログからの引用です。

みなとやの海鮮丼

みなとやの寿司

店内に生け簀があるので、いつでも新鮮な刺身を味わうことができます。

伯方島のエンジェルロード(仮)を渡る

伯方島のエンジェルロード(仮)の場所は、すこし分かりにくいです。

伯方島のエンジェルロードの場所

上の地図の分岐点まで来れたら、サイクリングのメインルートは左折しますが、ここで右折します。

目印は「瀬戸浜橋」で、そこを渡れば道沿いに進むだけです。

瀬戸浜橋

ここまで来れば、大角豆島ささげじまを目視で確認できます。

ただ、近くまで行っても駐車場などはないので注意してください。

伯方島のエンジェルロードの全景

しばらく進むと、進行方向の左にソーラーパネルが見えるので、その近辺で自転車をとめましょう。

大角豆島ささげじままでは、砂浜を歩いていけます。

伯方島のエンジェルロードの道

神秘的な砂の道は、絶対におすすめのスポットです。

干潮時間の前後1時間は、砂の道が出ていますが、干潮時刻を過ぎてからは潮位が高くなるのでムリは禁物です。

出発前に干潮時刻を必ずチェックしておきましょう。

>>気象庁(今治の潮汐)

大三島橋の絶景スポット

夕方になると、大三島橋に夕日が映えて絶景スポットになります。

大三島橋を見れる場所

場所は国道317号の道沿いにある堤防付近で、すこし分かりにくいかもしれません。

開山公園へ続く道のふもとにあり、海岸に向かって走れば見つかります。

大三島橋

写真がイマイチですが、実際に肉眼で見たらとてもキレイでした。

ただ、伯方レンタサイクルターミナルで自転車を借りた場合、17:00までに返却しないといけないので注意しましょう。

ドルフィンファームしまなみでイルカと遊ぶ

ドルフィンファームしまなみでは、イルカと泳いだりショーを見たり一緒に遊ぶことができます。

ドルフィンファームしまなみの場所

住所 伯方町叶浦1673
電話 0897-72-8787
営業時間 9:00~17:00
休業日 悪天候時
入場料 大人:500円
4歳~小学生:400円
ふれあいコ ース 5,000円
スイムコ ース 60分:9,000円
30分:5,000円

 

スイムコースは、イルカの背びれにつかまって泳いだり、水中で泳ぐ姿を観察できます。

ふれあいコースでは、水上からイルカと握手やキスをしたり、餌をあげたりできます。

場所は道の駅の隣で、ドルフィンファームと併設のオートキャンプ場もあります。

ドルフィンファームとオートキャンプ場

オートキャンプ場を利用して宿泊するのもいいですね。

利用するなら、イルカの見学は無料になります。

また宿泊の特典として、静かな夜にイルカを眺めることも体験できるようです。

初心者が伯方島をサイクリングして感じたこと

サイクリスト上級者はもちろん、普段サイクリングをしていない初心者でも楽しめる、伯方島1周の観光プランを紹介しました。

ドライブで島を1周するのもいいですが、やっぱり自分のペースで行きたいところに行けるサイクリングは良かったです。

せっかく伯方島に足を運んだら、素通りしてはもったいないですね。

このページで紹介しきれなかった伯方島の見どころもあるので、ゆっくり時間をかけて、伯方島を満喫してみることをおすすめします。

 

しまなみ海道のレジャー情報
しまなみ海道で体験できるレジャー情報もあるので、旅行やお出かけの参考にしてください。

レジャー・体験・遊び、週末のお出かけ予約

ほかにも下の「関連記事」に、しまなみ海道で遊べる施設を紹介した記事があるので、ぜひ参考に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!