アンパンマンミュージアムのアンパンマンの像

高知アンパンマンミュージアムで楽しんだあとは、となりの道の駅美良布びらふでランチ。

これがアンパンマンミュージアムへの子連れ旅行の王道パターンです。

子連れで遊んでランチして、安心して楽しめるとってもおすすめのコース。

このページでは、アンパンマンミュージアムとその周辺施設の楽しみ方を徹底紹介します。

高知アンパンマンミュージアムはこんな施設

アンパンマンミュージアムの外観

アンパンマンの誕生からもうすぐ半世紀!

こう聞いたらアンパンマンがどれだけ長い間、子供たちに愛されてきたのか分かります。

私も小さなころ大好きだった記憶があります。

アンパンマンが誕生したのは1973年で、テレビアニメとしては1988年に登場しています。

高知のアンパンマンミュージアムは、作者のやなせたかしさんが描いたアンパンマンの世界を体感できる人気のスポット。

子供が楽しいのはもちろん、大人も原画を見てフムフム。とってもおすすめの施設です。

営業時間・定休日・入場料金

アンパンマンミュージアムは毎週火曜日が定休日、でも火曜が祝日なら翌日が休みになるので注意。

つぎの期間は、特別に無休で開いています。

シーズン
  • 春休み
  • GW
  • 夏休み
  • 冬休み
期間
  • 3/25〜4/6
  • 4/29〜5/5
  • 7/20〜8/31
  • 12/24〜1/7

営業時間は午前9時30分から午後5時です。

詳しくは次の表を参考に。

アンパンマンミュージアム
項目 概要
営業時間 9:30〜17:00(7/20~8/31は9:00から)
定休日 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
入場料金 大人700円、中高生500円、3歳から300円

入場料金は3歳から必要で、アンパンマンミュージアムと詩とメルヘン絵本館に入れます。

詩とメルヘン絵本館

詩とメルヘン絵本館は、アンパンマンミュージアムから歩いて3分くらいの場所にあって、絵本などを展示しています。

詩とメルヘン絵本館

正直なところ、子供が楽しめるような感じではないと思います。

アンパンマンミュージアムの入場チケットで入れるので、ついでに行ってみようかなってくらい。

詩とメルヘン絵本館のみの入場チケットも販売していますが、こちらはあまり必要ないかもしれません。

料金は大人400円、中高生200円、小学生100円です。

アンパンマンミュージアムの外にある遊具

アンパンマンミュージアムの周辺の風景

アンパンマンミュージアムの真ん前には、芝の大きな広場とベンチがあります。

晴れた日は、外であそんでお弁当を食べるのもいいかもしれませんね。

そして小さい子供が遊べる、ちょっとした遊具も充実。

SLマンやアンパンマン号に乗ってみたり、

SLマンとアンパンマン号の遊具

パン工場やアンパンマンのすべり台でも遊べます。

パン工場やアンパンマンの滑り台

子供が飽きるまで、遊具で遊ばせるのもいいですね。

アンパンマンミュージアムには撮影スポットがいっぱい

アンパンマンミュージアムには撮影スポットがいっぱいです。

まず目立つところに、たたかうアンパンマン像があります。

たたかうアンパンマン像

この像は、アンパンマンミュージアム15周年を記念してつくられたそうです。

そして、こんなところからアンパンマンが現れたり隠れたり。

アンパンマンミュージアムの建物

わかりますか?

ここです、ミュージアムの屋上です。

アンパンマンミュージアムの屋上のアンパンマン

そしてもう一つ、ジャイアントだだんだんが目立ちます。

ジャイアントだだんだん像

この写真は別の日に撮影したので、あいにくの曇り空。

ジャイアントだだんだんの撮影ポイントも用意されていて、けっこう気が利いてますね。

ジャイアントだだんだんの撮影ポイント

撮影ポイントから撮ったアングルがカッコイイです。

ジャイアントだだんだん

ほかにも、下の写真のような撮影ポイントがいたるところに。

アンパンマンの石のベンチ

通路のわきには小さな像があったり、ちょっとしたところにキャラクターがいっぱいでした。

撮影ポイントをさがして探検するのも楽しいですよ。

アンパンマンミュージアムの館内

アンパンマンミュージアムの館内は、幼児くらいの小さな子連れが楽しむにはちょうどいい感じです。

原画ギャラリーもあるので、アンパンマンが嫌いでないなら大人でも楽しめます。

 館内の撮影は大丈夫です。
でも、SNSやYouTube、ブログで投稿するのは禁止されています。

いっぱい撮影したのに、このブログで紹介できなくて残念です。

館内の見どころ
  • エントランスの床にキャラクターの入ったパネルがかわいい
  • 大きな階段に座って絵本を読める
  • アンパンマンと仲間の壁画が大迫力
  • アンパンマンのアニメシアターを上映
  • アンパンマンの町をミニチュアで再現
  • ここでしか見れない原画ギャラリー

アンパンマンが大好きな子供たち、入ってすぐに夢中になって遊んでいました。

アンパンマンミュージアムだけで2時間ほど楽しめました。

館内には、お土産ショップもあります。

美良布でランチするならキッチン韮生の里がおすすめ

キッチン韮生

アンパンマンミュージアムの向かいにあるキッチン韮生にろうの里は、地元野菜を使った食事がとってもおいしい食堂です。

ここは道の駅になっていて、美良布町びらふまち名物の韮生米にろうまい、イチゴ、カリカリ桃などを販売しています。

道の駅美良布で販売されているイチゴ

新鮮野菜が目当てなら、できれば午前中の品数が多いときに行ってみましょう。

キッチン韮生の里の店内

キッチン韮生の店内

キッチン韮生にろうの里の店内に入ったら、ランチを何にするか決めて食券を購入しましょう。

それを受付に渡して、空いている席に自由に座ります。

下の写真の反対方向にも座席はあるので、まぁまぁスペース的に余裕があります。

キッチン韮生の食事スペース

そして写真の一番奥はお座敷になっているので、小さい子連れでも安心して座れます。

子供用のイスと食器も用意されていました。

清潔感があって良かったですよ。

キッチン韮生の里のランチを紹介

キッチン韮生のメニュー表

キッチン韮生にろうの里のランチを紹介します。

ここのランチは、特産物をつかった食材のメニューが豊富。

おかずが日替わりの韮生米にろうまい定食弁当が人気です。

韮生米定食

見た目は質素ですが、味はとってもおいしかったです。

そして食べログの口コミでも人気のメニュー、しいたけ丼

キッチン韮生のしいたけ丼

私はシイタケがそこまで好きってわけではありませんが、これは肉厚で味が染みていてホントにおいしかった。

ぜひ食べてみてください。

子供たちはカレーにお子様ランチです。

キッチン韮生のカレーとお子様ランチ

シメにソフトクリームで大満足。

キッチン韮生のソフトクリーム

営業時間・定休日・アクセス

キッチン韮生にろうの里の営業時間は、7:30から17:00までです。

項目 概要
営業時間 7:30〜17:00
定休日 12月31日、1月1日
電話番号 0887-59-3156
住所 高知県香美市香北町美良布1211

カーナビで、道の駅美良布びらふを検索したら見つかります。

アンパンマンミュージアムが肉眼で見える場所にあるので、そちらでカーナビ検索してもたどり着けます。

キッチン韮生の里から見るアンパンマンミュージアム

駐車場は道の駅側にもありますが、停めれなかったらアンパンマンミュージアムの駐車場を利用しましょう。

季節の草花を楽しめる香北の自然公園を散歩しよう

アンパンマンミュージアムの裏山には香北の自然公園があります。

アンパンマンミュージアムの隣のホテルの前を通ってもいけます。

アンパンマンミュージアムの隣のホテル

案内板があるので迷うことはないかと思います。

自然公園には、約70種類の草花が四季折々に咲いていて、散歩日和だったらとっても心が癒されます。

キッチン韮生にろうの里でランチを楽しんだら、腹ごなしに子供と歩いてみましょう。

香北の自然公園の草花

距離的にはそこまでありませんが、すこし坂道が続くので、疲れたらムリをせず引き返してください。

休憩所から香北町の中心地を一望できます。

香北の自然公園の休憩所

いい運動にも気分転換にもなりますよ。

高知アンパンマンミュージアムの周辺スポット

高知アンパンマンミュージアムの周辺の人気スポットを紹介します。

子連れ家族におすすめなのは、のいち動物公園です。

アンパンマンミュージアムから16.2km、車で約26分なので、そこまで遠い場所でもありません。

この動物園は、トリップアドバイザーという旅の口コミサイトでランキング日本一を獲得したというツワモノ。

アンパンマンミュージアムの半券を持って行けば、大人の入場料金470円を370円に割引できます。

先にのいち動物公園に行ったとしても、その半券でアンパンマンミュージアムの入場料金を割引できるので、半券は捨てずにとっておきましょう。

アンパンマンミュージアムの周辺スポット情報はこちら!

 

高知県のレジャー情報
高知県で体験できるレジャー情報もあるので、旅行やお出かけの参考にしてください。

レジャー・体験・遊び、週末のお出かけ予約

ほかにも下の「関連記事」に、高知県で遊べる施設を紹介した記事があるので、ぜひ参考に!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!