新築住宅と分譲マンション、インテリアデザイン設計の実用例!

新築の住宅や分譲マンションであれば、インテリアのオプションにもこだわってみましょう。建築段階であれば安くすむことでも、入居後であれば余計な上乗せ額が掛かってしまいます。

実用例を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

新築住宅と分譲マンションのインテリア

テレビボード・テレビ台

テレビ台って意外と重要なインテリアです。私は音響へのこだわりは無いので、見た目と利便性にこだわりました。

お金を掛ければ、その分いいものが出来上がります。住宅購入時にしかできないことなので、少しだけ頑張ってみました。

オーダーメイドで約40万円の費用となっています。

オーダーメイド設計図

つぎの図は、実際にオーダーメイド注文したときの設計図です。手書きで依頼した設計図をキレイに書き直してもらいました。

設計図はPDFでダウンロードできます。
⇒ PDFダウンロード

テレビボード横幅は実際のリビングのサイズに合わせています。

収納スペースを6つにわけ大きく取りました。収納部分は可動棚にしているので、高さ調整が可能です。

中央部分のテレビの下には、レコーダーやゲーム機などを使えるように、コンセントや配線用の切欠きを設けています。

仕上がり写真

テレビボードの全景です。リビングの一角にピッタリとおさまり、見た目もイメージ通りの仕上がりとなりました。

 

テレビの裏部分です。設計図ではわかりにくいかもしれませんが、テレビが倒れないように工夫もしています。また配線用の切り欠きも、最低限の穴のみとしています。

 

固定棚の部分には、それぞれの段にコンセントを設けています。一番上の棚には、コンセントに合わせてテレビの端子台もあります。

 

可動棚の部分は全部で6つあり、それぞれ2段に区切ることのできる棚があります。この棚は5段階に高さを調整できるので、大体のモノを収納することができます。

入居時は、収納部分がすこしニオイましたが、1か月くらいで完全になくなりました。稼働棚も5段階に調整できますので、いろんな大きさでよく使うものを収納できます。

クロス・壁紙

生活のなかで、いつも目に入るのは壁です。オプションで依頼しなければ、壁紙はほぼ白色で統一されます。

それがいいと感じる方も多いと思いますが、私はここに少しアクセントを加えました。

私がこだわったのは梁(はり)の部分です。梁の壁紙を木目のこげ茶色にしています。

白と黒っぽい色で、メリハリの利いたとても良い仕上がりとなりました。

仕上がり前の注文なので、工賃込で約5万円の費用です。やはり新築は、ある程度の自由ができる上に、費用も安くなるのでオトク感はありますね。

壁かけ写真

インテリアを考えると壁紙の部分が多く、殺風景となりがちですよね。そこで、絵画や写真を飾ってみるとどうなるか表現してみます。

↓ ↓ ↓

パッと雰囲気が変わり、見栄えがぜんぜん違いますね。パネルでおしゃれなお部屋を表現することができます。

住居だけでなくオフィスなどにも飾れて、趣味やペットの写真など用途は様々に広がります。興味があれば、“ルーミズムのパネル使用例”でさらに見ることができます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!