小豆島エンジェルロード

小豆島に観光に行くなら、かならず寄っておきたいスポットの1つがエンジェルロードです。

旅行のプランに入れるか迷っているなら、迷う必要はありませんよ。

エンジェルロードって何ができるの?

このページでは、エンジェルロードを楽しむための方法を紹介したいと思います。

 

小豆島エンジェルロードとは

エンジェルロードとは、小豆島と余島(小豆島ー弁天島ー中余島ー大余島)をつなぐ砂の道。

潮の満ち干きで海の中から現れたり消えたりする不思議な道で、引き潮の時には余島まで砂の道がつながります。

砂の道は歩いて渡ることができます。

でも1日2回しか姿を現しません。

 

別名天使の散歩道と呼ばれ、

その神秘的な現象から、大切な人と手をつないで渡ると、砂州の真ん中で天使が舞い降りて願いを叶えてくれると言われています。

小豆島エンジェルロードは2009年には恋人の聖地にも認定され、ドラマや映画のロケ地にもなっています。

「エンジェルロードで手をつないだ二人は将来結ばれる。」

そんなロマンティックな言い伝えから、訪れる観光客も多く、願いを書いた絵馬や貝殻を木々に残していく人たちも増えています。

素敵ですね。

これだけ聞いたなら恋人以外には行きづらく感じるかもしれませんが、

実際のところ、家族連れや仲間連れやツアー客などで賑わっています。

ぜひとも紹介したいと素晴らしいスポットです。

小豆島エンジェルロードへのアクセス

小豆島エンジェルロードへのアクセスは、小豆島フェリーを使えば便利です。

車があれば池田港に到着する国際フェリーでも大差ない距離ですね。

車での所要時間

土庄港からは約2km、車で7分程度で到着します。

池田港からは約5km、車で10分程度で到着します。

無料駐車場もあるので行きやすいですよ。

バスでの所要時間

それぞれの港からは小豆島オリーブバスで行けます。

土庄港 ⇒ エンジェルロード
西浦線(東廻り)で国際ホテルまで13分、そこから徒歩3分の距離です。

池田港 ⇒ エンジェルロード
坂手線か福田線の上りで八幡橋前まで8分、1回乗り換えがあり八幡橋前から西浦線(東廻り)で国際ホテルまで行きます。

バスで移動を考えているなら、土庄港のほうが便利ですね。

エンジェルロードを渡れる時間

エンジェルロードは、道のできはじめと消える寸前がいちばん綺麗に見えます。

道が最大限に現れるのは干潮時刻ですが、そのときの砂の道幅はかなり広くなります。

道幅が細くなる干潮時刻の3時間前後くらいが見頃。

ちーも
干潮が12時なら9時と15時ころですね

かならず潮見表をチェックしてから行きましょう。

潮見表土庄町商工観光課

干潮時刻は真夜中や早朝の事もあります。

エンジェルロードの入り口の観光案内所で、当日の道ができる時間帯と見頃予想が提示されています。

不安があれば宿泊施設で聞いたら教えてくれますよ。

わたしたちが宿泊したホテルのロビーにも、干潮時刻が提示されていました。

天使の散歩道を渡ってみる

今回利用したホテルは小豆島国際ホテルで、エンジェルロードが一番近い、目の前に見えるホテルでした。

わたしたちがホテルに到着したのは夕方くらいでしたが、タイミングよくエンジェルロードが現れていました。

ホテルの部屋から写真をパシャリ。

エンジェルロード(小豆島国際ホテルから)

ホテルからは裏口みたいな専用通路があり、そこを出るとエンジェルロードまで直通です。

案内板もあるので迷うこともありません。

エンジェルロード(小豆島国際ホテルから直通)

それにしたがって歩いていくと、すでに観光客であふれていました。

夕暮れとエンジェルロードというのも良いものです。

足元が悪いかなと思っていたけれど、靴が濡れることもなく、砂浜独特の歩きにくさもありませんでした。

どちらかと言えばほどよい湿り気で歩きやすいくらいです。

砂だけかと思いきや小石がゴロゴロあるし、緑色の苔?がついていたり磯の香りがします。

子供は嗅覚が敏感なようで、長男には磯の香がキツかったようです。

中余島まで渡ると、絵馬や貝殻が木々にたくさん結ばれていて縁結びのパワースポットと呼ばれるだけありますね。

エンジェルロードの空撮動画がありました。

キレイなので、ぜひご覧ください。

↓ ↓ ↓

エンジェルロードの楽しみ方

エンジェルロードは、ただ渡るだけでなく、いろんな楽しみ方があります。

約束の丘展望台で幸せの鐘を鳴らしてみる

エンジェルロードすぐ横の、小高い丘に約束の丘展望台があります。

恋人の聖地 約束の丘展望台

この約束の丘展望台は、プロポーズの場所としても人気です。

幸せの鐘と呼ばれるモニュメントがあり、鐘を鳴らすことができます。

金色のプレートの前に立ち、恋人たちは愛を誓い、夫婦は愛の確認、友達同士は友情を深めあったり、それぞれの縁を結びます。

恋人の聖地 約束の丘展望台の幸せの鐘

そこでは狭い空間には多い人だかりで、すこし窮屈感はあります。

子ども達は夫に抱っこされて鐘を鳴らして楽しそうです。

私も鳴らしとけばよかったと少々後悔しましたが、けっこう鐘の音が大きいので、はずかしさに負けました。

その場所からは、眼下にエンジェルロードが一望できます。

絶景ですよ!おすすめです。

約束の丘展望台からの景色

この景色を見るためだけでも、この場所に行く価値はあります。

ただ注意してほしいのは、階段に砂がかかっているため足場が悪く滑りやすいです。

電灯も確かなかったと思うので、うす暗くなると見えにくいです。

階段には杭で打った木にロープがはっているような柵はありましたが、頼りないので歩きやすい靴で行きましょう。

幸せを運ぶ貝殻やハート型の絵馬

幸せを運ぶ絵馬として、ハート型の絵馬が小豆島国際ホテルの売店(500円)、

そして貝殻の絵馬は、エンジェルロード入り口の観光案内所の売店(700円)で売られています。

ハートの絵馬・貝殻の絵馬

パワースポットで願かけ、とっても効果がありそうですね

ぜひ試してみてください。

【観光案内所・売店】

住所 香川県小豆郡土庄町銀波浦
電話 0879-62-2801
営業時間 9:00~17:00

天使のポスト

エンジェルロード入り口の観光案内所には天使のポストがあります。

エンジェルロードをイメージしてデザインされた羽の生えた郵便ポストで、ここにしかありません。

観光案内所でポストカードやエンジェルロードのフレーム切手も販売しているので、投函してみましょう。

とっても記念になりますよ。

エンジェルロードでエンジェルソフト?

バニラソフトに天使の翼の形をしたクッキーと「おいり」を自分でトッピングできる、

エンジェルソフト(¥500 )

クリームソーダに天使の翼の形をしたクッキーと「おいり」を自分でトッピングできる、

エンジェルソーダ(¥650)

エンジェルソフトとは

これは是非ともおすすめです。

エンジェルロードを背景に撮ったら映えること間違いなし。

カフェ自体もとってもおしゃれですよ。

エンジェルカフェ405

エンジェルロードの入り口にさしかかる場所に、エンジェルカフェ405があります。

小豆島国際ホテルの敷地内で、豊島の「島キッチン」を設計した建築家・安部良氏プロデュースしたそう。

エンジェルロードを一望できる場所にあり、景色もサイコーです。

ただ全席テラス席のため、天候によって営業時間など変動するようです。

それと冬季休業があり、12月~2月は開いていません。

利用できるかはホームページで確認しましょう。

住所 香川県小豆郡土庄町
定休日 水曜日
営業時間 11:00~17:00

405CAFE 迷路のまち店

小豆島国際ホテルのエンジェルカフェ405が利用できなくても、あきらめるにはまだ早いです。

徒歩圏内の場所に、405CAFE 迷路のまち店があります。

エンジェルロードから約1km、車で5分程度の距離です。

徒歩では最短で850m程度なので、10分ちょっと歩けば着きますよ。

エンジェルソフト原型

エンジェルソフト完成

クッキーと「おいり」を受けとったら、くっつけていきます。

自分でトッピングできるので、センスが問われそうですね。

住所 香川県小豆郡土庄町413-2
電話 0879-62-9889
定休日 水曜日
営業時間 10:00~17:00
HP https://405cafe.business.site/

ただ、このカフェも水曜日が定休日なので注意しましょう。

カフェの2階は、本と雑貨のお店になっています。

 

小豆島エンジェルロードの周辺で宿泊

ここまでに何度か出てきましたが、今回利用したホテルをすこし紹介したいと思います。

小豆島国際ホテル

小豆島国際ホテル

利便性やカフェの良さはすでにお伝えしましたが、ほかにもオススメできることはいっぱいです。

  • Free Wi-Fi完備
  • 全部屋オーシャンビュー
  • 波打ち際の露天風呂
  • ホテル専用レンタカー・レンタサイクル
  • ファミリープール(夏季)

このホテルの朝食イチオシメニュー佃煮めしがとっても美味しかったです。

小豆島国際ホテルの佃煮めし

小豆島国際ホテルではフォトコンテストも開催しているので、記念に応募してみましょう。

良い想い出になりますよ。

さいごに

エンジェルロードは季節や気候、夕暮れや早朝など、見る時期によってまた違った景色を見ることができます。

もしかしたら、こんな幻想的な景色も見られるかもしれませんよ。

エンジェルロードは小豆島に行くなら絶対に外せない、そう思える場所です。

ぜひ恋人で家族で友人で行ってみてください。

小豆島オリーブ公園を紹介した記事もあるので、ぜひ参考に。

↓ ↓ ↓




遊びや生活の情報が盛りだくさん ― 『四国あそび』

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう