繰り返す地震

このページでは、南海トラフ地震が繰り返される理由。

もっと言えば、日本で地震が頻発している理由をすこし変わった目線でお伝えしたいと思います。

南海トラフ地震が繰り返される秘密にせまる

そのためには地震が起きるメカニズムを知らなくてはいけません。

まずは基礎的なことになりますが、かんたんに説明します。

地面って当たり前にあるけど何だろう

私たちが立っている地面は「地殻」とよばれ、厚さ35kmもあります。

地殻は主に岩石でできており地球全体を覆っています。

海底の地面も地殻にふくまれ、地殻の下には、さらに固い岩石などでできた層である「上部マントル」があります。

この地殻と上部マントルを合わせてプレートといいます。

あん
プレート、よく聞く言葉ね!

プレートとマントル

プレートは厚さ100kmほどの板のような岩で、地球全体では、これらプレートが十数枚あわさっています。

さらにプレートの下には、下部マントルとよばれる岩石の層があります。

この部分は、地球の核部分の熱でとけた岩石がすこしずつ移動しています。

下部マントルの影響で、私たちの立っている地面も海も島も、ゆっくり移動しています。

そして十数枚あるプレートの隣り同士の境界線の部分は、ピッタリくっついている訳ではなく、隙間があったり重なったりしています。

また、隣りあう海洋プレートと大陸プレートは、互いに押しあい引きあいしています。

  • 海洋プレート:海底のプレート
  • 大陸プレート:陸地のプレート

海洋プレートは大陸プレートより重いため、大陸プレートの下に絶えず潜りこみます。

このプレートの動きで地震は発生しますが、日本は4つのプレートの境界にあるため、世界的にみても多くの地震が発生します。

  • 北アメリカプレート
  • 太平洋プレート
  • ユーラシアプレート
  • フィリピン海プレート

地震は大きくわけて、海溝型地震と内陸型地震の2種類が存在します。

海溝型地震

海洋プレートが潜り込む時、大陸プレートも一緒に引っ張ります。

そのスピードは1年間に数cmずつで、大陸プレートはそのうち耐えきれなくなり、突然とてつもない衝撃とともに元にもどる動きをします。

これが海溝型地震の発生原理で、近年では東日本大震災をひきおこしたタイプの地震が該当します。

内陸型地震

大陸プレートの表面には裂け目である断層があります。

これはプレート自体にも絶えず巨大な力が働いているためで、その力に耐えきれなくなったときプレートが裂けてしまうのです。

このときおこる地震を内陸型地震といい、西日本には、中央構造線断層帯という非常に大きな断層があります。

日本で地震が頻発するには何故か

日本で地震が多発する理由は、日本列島が4つのプレートの境界線に位置しているからです。

べつの目線で言えば、プレート境界線であることで土地が隆起して日本を形作っているとも言えます。

南海トラフ地震

南海トラフ地震は、海溝型地震に分類されます。

フィリピン海プレートが、ユーラシアプレートの下へ潜りこんでいます。

その影響でユーラシアプレートは、毎年数cmずつひきずりこまれています。


ユーラシアプレートが耐えきれなくなったとき・・・
破壊的な反動で、南海トラフ地震はおこります。

巨大地震の発生で、大陸プレートのストレスは一度リセットされます。

しかし、その後もプレートの沈みこみは止まらないため、残念ながら南海トラフ地震は繰り返されるのです。

中央構造線断層帯

南海トラフと相模トラフに対し、ほぼ平衡に線が走っています。

この線が、中央構造線と呼ばれる断層です。

過去にはこの断層で巨大地震がおこっています。

そして今なお活動を続けている中央構造線。この付近での地震にも警戒が必要です。

  • 2018年 大阪府北部地震
  • 2016年 熊本地震
  • 2001年 芸予地震
  • 1995年 阪神淡路大震災

世界に視野を広げてみよう

視野を広げたら、新たに分かることもあります。

つぎの気象庁が公表している世界の地震分布図をみてください。

少し分かりにくいですが青い線がプレートの境界線で、赤い点は地震の発生個所です。

境界線付近の赤く色付けされた場所には、それぞれ島が連なっているのがわかると思います。

そして、その場所では例外なく地震が集中しています。

逆に境界線以外の場所では、あまり地震は発生していないのがわかります。

あん
こんなに違うの

日本列島をみてください。

プレートの境界線が集中しているので全域がまっ赤になっています。

続いて、日本列島のプレート境界図と、先ほどの世界地図(日本部分を拡大)を比較してみましょう。

プレート境界線はどこですか?

左側の地図でみたら、その線上と答えてしまいそうです。

でも右側の地図では日本列島そのものがプレート境界線に含まれていることが一目瞭然ですね。

視点を変えれば、日本全土で地震が多発する不思議が理解できます。

さいごに

日本と地震は、大昔から切っても切り離せない関係にあります。

日本列島は世界でもめずらしい4つのプレートの境界線上にあり、日本に暮らしている限り、巨大地震を必ず体験することになります。

いざそのとき、仕方ないと諦めてしまうか、それとも事前に何かできる対策がないか考えるか、

あなたの行動しだいで結果は変わります。

そのほか、南海トラフ地震に関連する記事があります。

あわせてチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitterでフォローしよう

この記事もオススメ!